×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



ナプキン (生理用) リンク集

形は大雑把にいうと、長方形で角が弧になっている。厚さは数ミリ程度で、1センチ以上になるものは月経処理用とは別用途であると思われる。中央は吸収させる部分で、サイドや裏面は下着への固定する役割がある。 便宜上、布ナプキンに対して、通常市販されている使い捨てのナプキンは「紙ナプキン」と呼ばれ、医薬部外品の指定を受けている。

日本で最初の製品は、アンネ株式会社(1993年にライオンへ吸収合併)が1961年(昭和36年)に発売した「アンネナプキン」[1]。 「紙ナプキン」と呼ばれるが、現在では素材は紙、樹脂、不織布などさまざまなものを用いている。排出物の吸収には高吸水性高分子を用い、肌に接する部分に工夫を凝らした素材が使われているようである。古来は脱脂綿が用いられ、戦後に紙製品が普及したが、1980年代半ばまでは高分子を用いず、綿、パルプなどの吸収体と薄いビニール製防水紙を重ねて紙で包んだ簡素なものが主流で、ショーツに固定する粘着テープの面積も小さい状態であった。 表側表面は不織布もしくはメッシュ状の樹脂シートが用いられ、中央に綿のような肌触りの局部にあてがう部分がある。裏は防水のためのビニールシートに粘着テープがついており、ショーツに接着して固定できる。長方形の側面に「羽」と呼ばれる部分がついている製品もある。これはショーツに装着した際に、羽の部分をショーツのクロッチ部分外側に折り曲げることで、しっかりショーツに固定することを目的としている。羽付きと羽なしには、ずれにくさや使用感の違いがある。メーカー製の使い捨てのものはコンパクトに折り畳まれていて、個装に包まれている。個装を取り外すと、粘着テープを保護しているシートごと取れる仕組みになっている。色は主に白色で、ビニールの部分に薄いピンクやブルー、グリーン、パープルといった色が使用されていることもある。また、月経時は濃い色の服装や下着を着用することが多いことから、羽根や裏側部分を黒色にした製品も発売されている。 紙ナプキンの製品では、装着した際の前後の長短の具合(概ね20cmから40cmオーバーまで、ロリエの項目にラインナップがあり参考になる)、羽なしと羽付き、サイドギャザーの有無、主に昼用の薄型(スリム)、主に夜用の厚型などに分類される。最近の製品では、従来のナプキンの形状よりもよりフィット感を増した形状のもの(elis Megamiシリーズ)、一般のナプキンの形状とは異なるが、ショーツ一体型の穿くタイプ(ロリエ スーパーガード 安心ショーツタイプ。外見はナプキンと言うより事実上紙オムツに近い)、外陰部にピースを挟んで使用し、体に装着するタイプ(ソフィ シンクロフィット)などの多様な種類がある。用途や体型、TPOによって各自使い分けるとより効果的である。尿漏れ対策の場合、できれば夜用若しくはギャザー付きの物、あるいは尿吸収パッドを使うことが望ましい。 紙ナプキンは外陰部に密着させて使用するため、特に初経(初潮)を迎えた直後の女子では違和感を覚える場合もあるが、タンポンなどの他の生理処理用品に比べ、ショーツに貼り付けるだけで装着ができ、使用が簡単であることから、日本では最も使用されている生理処理用品である。主にタンポンを使用する女性であっても、月経の始まり頃や終わり頃など経血が少ない時期、また、経血の多い時期でも、タンポン使用時に吸収しきれない経血が漏れ出ないようにナプキンを併用する者も多く見られる。 上記したように、使用方法や装着は簡単である一方、装着の仕方が不完全であると容易にナプキンがずれたりよれたりして本来の能力を活かせず、経血が漏れ出しショーツや衣類を汚してしまう場合もある。特に月経の処置に慣れていない初経(初潮)を迎えた直後の女子に多く見られる。 日本の紙ナプキンの品質はとても高く、日本人が外国に行ってやむを得ず購入したナプキンの装着具合に驚くことが多々ある。

入手はドラッグストアなどで安価で容易に購入することができる。店頭で売られているのは主にメーカー製の使い捨てのナプキンで、布製はインターネットでの通信販売もしくは扱っていることを公表している店舗で探すのが望ましい。 非使用時の扱いは、特に初経(初潮)を迎えて間もない女子は生理周期が一定でないことが少なくないため、適当な数量を常に携帯することが習慣となっている。ナプキン自体はポーチや巾着袋に入れるなど、表立って見えないように持ち歩くのが好ましい。ポケットが付いた生理用ショーツ(サニタリーショーツ )もあり、人目を気にせずナプキンを携帯する事もできる。使用後の紙ナプキンは通常のゴミだが、区別して処理されるケースが多い。ナプキンは、トイレに流すと詰まってしまう。そのためエチケット・マナーの点から見ても、トイレ個室に備え付けのサニタリーボックスに汚れているほうを丸めて、新しく使用するナプキンの包装ラップまたはトイレットペーパーに包んで捨てるべきである(最近は流せるタイプのものも流通しているが、特に明記していない限り流してはいけない)。家庭ではトイレにサニタリーボックスを設置するか、不透明の袋を用いることもある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 ナプキン (生理用) リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4